HOMEハンドトーク

About HandTalk ハンドトークとは?

今 赤ちゃんは何を考えているのかな?
どんなことを感じているのかな?
指差しをする目線の先に見えているものは何かな?・・・
そんな大切な赤ちゃんの心の声が理解できたらステキですね。

“ハンドトークン=お手ての言葉”は、まだお話ができない赤ちゃんとご家族が
手話やジェスチャーをつかってコミュニケーションをとる方法のことです。
手や指先の器用さがまだ完全でない赤ちゃんが、覚えやすく動かしやすいものを選び
サインとして使います。

お互いの手と目を見て意思を伝え合うハンドトークは
視覚を利用した”視覚言語”と言われる立派な言語のひとつです。
ハンドトークによって、サインと言葉の概念を理解している赤ちゃんは
言葉を話せるようになった時、とてもスムーズに言語によるコミュニケーションができるようになります。

赤ちゃんは何かを伝えたがっています。
お手てで会話をする育児法 ー ハンドトーク。
大切な赤ちゃんのこと いっぱい、いっぱい知りたいと思いませんか?

About HandTalk  ハンドトークの目的

   親子の育児ストレスを解消します。

   親子の強い絆をつくります。

   コミュニケーション能力を育てます。

   心豊かな人間と社会をつくります。

About HandTalk  ハンドトークの効果

   意思の疎通がスムーズになり、親子のストレスが解消されます。

   人との関わりが好きになります。

   聞く力を伸ばすことができます。

   脳の発達を促します。

   話言葉の発達を促進します。

   赤ちゃんの変化にいち早く気づくことができます。

   相手に思いやり人格を尊重しあえる関係を築くことができるようになります。

About HandTalk  月齢によるハンドトークの目安

0〜3ヶ月 3〜7ヶ月 8〜10ヵ月 12〜24ヶ月
おっぱい

ミルク

だっこ

ねんね
かわいい

パパ

ママ

聞こえる
おいしい

もっと

たのしい

かたづけ
ちょうだい
ありがとう
すごい
ダメ
おふろ
はみがき
くつ
このページのトップへ

お申込み&お問合わせ


住所/福岡県小郡市希みが丘2-12-3
phone/fax0942-75-0768

講師紹介

RTA認定講師 加地 まひる

今月の予定&予約状況

教室レポート*ブログ


「べいびーずぶれす」ブログ


レッスンメニュー








SIDE MENU